アトピーサプリランキング

アトピーが悪化する原因はいろいろありますが、一番は掻いてしまうこと。掻かないように気を付けていても、特に夜は無意識に掻いていることが!というのも、眠っている間に体が温まり、ムズムズと痒くなってしまうから。この痒さを抑えることが、アトピーの悪化を防ぎ、皮膚の状態を整えるにも大切です。

 

痒さを抑えるには、腸内環境を整える乳酸菌、免疫バランスを整えるプロポリス、皮膚炎を改善する生薬がおすすめ。当サイトでは、これらを配合したアトピーサプリを口コミ人気にてランキング。ステロイドでない方法を探している方に。

 

アレルナイトプラスの特徴

夜間の痒みを抑え、質の良い眠りをもたらすオールインワンサプリです。植物性ラクトバチルス乳酸菌100rが腸内環境を整え、アトピーの痒みを体の中から改善。ラフマ葉、ギャバ、グリシンなど6種の成分が、ぐっすりをサポートして肌状態をUP。さらにビオチンやビタミンB群が、肌を健やかに保ち、炎症や痒みを抑えます。1日1包(顆粒)を、寝る前に水などと一緒に飲むだけ。飲みやすいグレープフルーツ味。小学生から飲めます。

価格 5,980円
評価 評価5
備考 植物性ラクトバチルス乳酸菌100r

 

アトケアプロの特徴

痒みやゴワゴワ肌の悩みのためのアトピーサプリです。ブラジル産オーガニックプロポリスパウダーを使用。免疫バランスを整えるプロポリスは、炎症や痒みを抑えてくれるので、肌状態の改善をサポートしてくれます。腸内細菌のえさとなる乳糖やセルロースなどをプラスし、腸内環境を改善。1日めやす2カプセル。6歳から飲めますが、蜂蜜アレルギーの方は注意が必要です。

価格 500円
評価 評価4
備考 ラジル産オーガニックプロポリスパウダー

 

澄肌漢方堂の特徴

アレルギー体質や皮膚炎によい生薬配合のお薬です。12種の生薬成分を配合。長引くアトピー性の皮膚炎、季節の変わり目におこる、炎症と痒みを抑えてくれます。寝ている間に掻くことの予防にも。第2類医薬品なので、皮膚炎や湿疹、アカギレなどの治療効果が認められています。ビタミンなどの有効成分で色素沈着にも。1回めやす3粒を、1日2〜3回。お薬なので医療費控除対象。6歳から飲める、糖衣錠です。

価格 9,800円
評価 評価3
備考 12種の生薬成分

 

アトピーの原因はなに?

 

アトピー性皮膚炎は、遺伝的な体質に加えて、生活環境が大きく関わっていると言われています。また、子供と大人では原因が異なるようです。主に子供は食べ物がきっかけになることが多く、大人は環境やストレス、ほこり、ダニ、花粉などが原因になりやすいと考えられています。

 

生活環境について
子供の場合、アレルギーに関係する食べ物(卵、小麦、エビ、カニ、そば、大豆、乳製品、魚など)から影響を受けやすく、2歳くらいまではその傾向が強いようです。3歳以降は、食べ物よりも花粉やダニなどが原因で発症することが多いと言われています。また、汗をかいたままにしたり、肌が乾燥していることも原因になりやすいです。大人は子供よりも複雑で、ストレスや睡眠不足、不規則な生活、ハウスダスト、ダニ、ペットなど環境に左右されやすいと言えます。子供同様、汗や乾燥肌、衛生的でない環境も原因となります。

 

体質について
家族の中に、アレルギー体質の人がいたり、アトピー性皮膚炎の人がいると、遺伝的にアレルギーを起こしやすい(アトピー素因がある)といえます。ただ、必ずしも発症するというわけではなく、原因のひとつとして考えられています。この体質があることで、いろいろな抗原に対して、免疫システムが異常に反応しやすくなっています。異常な反応がアレルギー反応といわれるものです。
そのほかに、アトピー性皮膚炎の人は肌の水分量や保湿成分が少なく、乾燥肌になっています。肌の水分や油分が潤っていると、外からの刺激から肌を守ったり、水分が出ていくのを防いでくれます。アトピー性皮膚炎の人の場合、この機能が弱まっているので、微生物や汗、薬などの刺激に敏感に反応して、かぶれたり赤くなったりします。刺激でかゆくなってしまうので、ひっかくことでまた肌の機能が壊れてしまi
刺激を受けやすくなります。肌を清潔にして、こまめに掃除をするなど、できることから気を付けましょう。

 

アトピーの症状はかゆみ?

 

アトピー性皮膚炎は、大人も子どももかかります。いくつかの要因が重なって症状が出ることが多く、皮膚の炎症や、かゆみ、乾燥などが症状として現れます。強いかゆみとともに、首や顔、ひじやひざなどのくぼんでいる部分に発疹が出ることが多く、ひどくなると全身にまで広がる可能性もあります。皮膚の状態によって軽微・軽症・中等症・重症の4つに分けられます。症状のあらわれ方によって、治療法は異なってきます。症状が悪化すれば、治療法や薬を変更し、軽減すれば軽い状態の治療にします。

 

年齢によって症状も違い、乳児期は赤い斑点が顔や体などに現れ、幼少時期には首や四肢の関節に乾燥した症状が出てきます。10代や成人の場合、顔や首、腕などに赤い斑点や、ぶつぶつしたものがよく見られます。肌が乾燥して、ひどいかゆみのため、ひっかいたような痕がついていることが多く、肌が腫れて硬くなってきます。その部分だけ赤みも強く、皮がむけ落ちたりします。さらに重症化すると、赤身の範囲も広がり、炎症の部分が腫れて盛り上がったように見えます。

 

アトピー性皮膚炎の症状は、始めはじゅくじゅくとはしていなく、かさついている状態です。次第に赤みやぶつぶつが増えてきて、粉をふいたようになったり、皮がむけてきます。学校や仕事に集中できなくなったり、夜寝ている間にひっかいてひどくなったり、睡眠不足からストレスも抱えてしまいます。かゆみを我慢することは難しいため、気になったら早めに医師に相談することをお勧めします。また、顔に症状が出た場合、かゆみのあまりに叩いたりすると、白内障や網膜剥離を起こす可能性もあります。アトピーー性皮膚炎に、ヘルペスが感染すると、ぷつぷつと水泡が出てきて、痛みを伴い、発熱も起こしますので、注意が必要です。

 

アトピーを改善するには?

 

アトピー性皮膚炎は、出来るだけ早めに受診し、治療を始めることが重要となります。症状は人さまざまですので、自己判断でなく、医師に相談してみましょう。かゆみの強い発疹が続いたり、繰り返し症状が現れたり、ひじやひざ、首や顔などに発疹が出たり、家族にアレルギー体質の人がいる場合などは、ぜひ受診をおススメします。ただ、病院で出された薬を塗っても、なかなか効果が表れないこともあるでしょう。アトピー性皮膚炎の対処は、薬だけではなく、他にも日ごろの生活を気を付けなければいけません。

 

子ども場合は、身体が未発達のため、初めて食べるものや、外部からの刺激などの影響で発症することがあります。初めてのものをあげるときは、様子を見ながら慎重に少しずつ食べさせるようにしましょう。また、症状が現れたら、こまめに汗やほこりを流してあげたり、着替えさせると良いでしょう。大人の場合は、ダニや花粉、ハウスダストなどがきっかけになることが多く、部屋を掃除して原因物質を取り除いたり、換気をしてこもらないようにしたり、衛生環境を整えることがとても大事です。不衛生な状態では、悪化を招きかねません。

 

不規則な生活をして、生活リズムが崩れたり、寝不足になってしまうと身体の免疫力が落ちてしまいます。睡眠時間の確保、夜更かしをせず早起きをする、といった毎日のリズムを整えることも、アトピー性皮膚炎の改善に必要です。

 

飲酒にも注意が必要で、飲むことによって血流が増し、かゆみを増幅させるといいます。大人のアトピー性皮膚炎は、肝臓の機能低下からくるとも言われてますので、頻度を控えたり、脱水症状にならないように気を付けましょう。食べ物もアトピー性皮膚炎に影響してきます。添加物の多い食品は控え、緑黄色野菜や海藻、新鮮な野菜、玄米などを積極的にとりましょう。

 

夏場や運動の後などは、入浴やシャワーをし、保湿も忘れずに行いましょう。

 

アトピーは遺伝するの?

 

よく、アトピー性皮膚炎は遺伝が原因でかかると言われています。親や親戚がアレルギー体質であったり、花粉症、ぜんそくなどにかかったことがあると、子どももアレルギーになる可能性があります。その確率は、両親ともアレルギーだと約50%、どちらか片方がアレルギーだと約30%の確率で遺伝すると言われています。しかし、必ずしも遺伝するわけではありません。アトピー性皮膚炎になりやすくなる環境があります。衛生環境、食事、ストレスなど様々な原因が考えられます。

 

アトピー性皮膚炎ですが、急増しはじめたのは戦後以降だと言われています。国の発展に伴い、今までなかった化学物質が身近にあふれ、食生活も変化することでこれまでなかった病気が出始めたと考えられています。現代病といわれるアトピー性皮膚炎は、遺伝よりも環境の変化によって影響を受けていると言えそうです。

 

遺伝以外に考えられている原因としては、ダニ、化学物質、花粉、環境、ストレス、腸内環境などが考えられています。近年、マンションなど密閉性の高い建物が増えています。また畳よりもフローリングにカーペットを敷いている人は多いでしょう。これにより、温度や湿度が保たれ、ダニが増えたと言われています。住居以外に、食品添加物などが身近にあふれ、気が付かないうちに摂取したり、接触しています。

 

さらに日本では、戦後、スギやヒノキが多く植林されました。そのため、花粉の量が増し、鼻炎や花粉症患者が増えています。食生活が欧米化することにより、油分や肉などのたんぱく質を取ることが多くなりました。その結果、腸の悪玉菌が増え、善玉菌は減ってしまいます。善玉菌は免疫細胞を活性化するのに必要ですが、不足すると免疫を抑えてアレルギーを起こす抗体を作る細胞が活発になります。それによって、アトピー性皮膚炎を発症する確率が高くなります。

 

現代は、とても衛生環境に恵まれており、子どものうちから守られています。しかし、細菌やウィルスから守るあまり、免疫の戦う力が弱く、免疫力が育たなくなってきています。遺伝以外にも、こうした取り巻く環境により、成人になって突如アトピー性皮膚炎を発症する人が増えているようです。

 

アトピーのセルフチェック

 

アトピー性皮膚炎は、アトピー素因と、生活の中にあるアトピー悪化の要因が重なって発症すると言われています。現代でもはっきりとした要因がわかっておらず、いくつかの要因が関連していると考えられます。要因を探すには、病院で診察と検査をうけることが改善のために必要です。

 

アトピー性皮膚炎は、医者が目で見て判断する病気です。そのため、アトピー性皮膚炎の為の特別な検査はありません。アトピーの血液検査を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、血液検査によってアトピー性皮膚炎の原因になりそうなアレルギーを調べているのです。たとえば、ダニや花粉、食べ物などは皮膚の炎症を悪化させる原因となります。アトピー性皮膚炎の原因は、花粉症のように特定するのが難しく、アレルギーの合併を検査することになります。

 

アレルギー炎症を起こす物質をみつける方法ですが、他に皮膚検査や皮内検査、負荷試験などもあります。皮膚検査は、皮膚に少し傷をつけたり、パッチテストにより物質を肌につけて反応が出るかをみます。皮内検査では、物質を皮膚に注射することで反応をみます。
負荷試験は、ある程度原因物質を特定した時にのみ行います。物質をまったく摂取しないようにして経過をみて、それから少しずつ摂取量を増やすことで症状が悪化するかどうかを判断します。慎重に時間をかけて行う必要がありますので、自己判断で行うことは危険を伴います。

 

アトピーになりやすい人は、生真面目で責任感が強い人が多いようです。薬物療法以外に、日ごろからストレスを解消するように気を付けましょう。適度に運動することも効果的です。掃除して部屋を清潔にしたり、シャワーをこまめに浴びるなど生活習慣にも気を付けてみましょう。

 

 

更新履歴