アトピーとストレスには深い関係があった!

アトピーはストレスによって悪化してしまうことがあります。
アトピーをこれ以上ひどくしないようにするためにも、ストレスは効率よく排除していかなければなりません。

 

アトピーは環境やアレルギー反応なども原因で発生してしまいますが、ストレスも大きくからんでいます。ストレスが過剰にたまっている人はアトピー反応が非常に出やすいです。
しかしアトピーは必ずしも薬に頼らなくても、あなた自身の力だけで十分に治していくことが可能です。

 

ストレスがたまるとこんな症状が出ませんか?

 

心と体は互いに関係し合っています。ストレスは目に見えないのでなかなか対処しづらいですが、ストレスを感じると人間の体は無意識に緊張して筋肉が硬直します。この時、体はどうなるかというと…、
・血流が悪くなる
・呼吸が浅くなる
・腸の働きが悪くなって便秘になる

 

ストレスがたまっていると深呼吸する機会が減り、呼吸は自然に浅くなってしまいます。
体も緊張状態になり血流が悪くなります。そして緊張で腸もうまく働かず、便秘になってしまいます!

 

排泄がうまくいかないと肌にも炎症が…!

 

私たちの体には生まれつき排泄機能があり、便や尿、汗、呼吸などから体の老廃物を体外に出しきってくれます。これがうまく作動しなければ健康的な生活が送れないばかりか、皮膚も不健康になっていきます。

 

体内にたまった不要物は、血流に乗って全身を巡って排出されるようになります。この流れが滞ってしまうと、体は違うところからさらに排泄を始めてしまいます。つまり肌の炎症を起こしてしまうのですね。

 

お肌も排泄器官の一つなので、肌はかゆみを発生させ、かいてしまった傷口から体液と共に老廃物を出します。
ストレスをためこめばそれだけ体全体の排泄機能が低下してしまうので、さらにお肌の炎症がひどくなってしまうのです!

 

いつも頑張りすぎて疲れがたまっている人は、少し肩の力を抜いてリラックスする時間を作ってくださいね。