アトピーケアには保湿が重要!

アトピーのケアには、保湿ケアが重要です。
といっても、どのようなケアをしていけばいいのか今一つわからない人もいるでしょう。ぜひ当ページをご参考にしてみてください。

 

アトピー肌は乾燥しやすい!

 

アトピー体質の人は肌が乾燥しやすく、保湿力が弱いという特徴があります。
バリア機能が普通の人より低いので、外部からの異物や刺激の侵入を防ぐことがうまくできず、炎症が起こりやすくなってしまうのです。

 

アトピー肌はどうして水分の保湿力やバリア機能が低下しているのでしょうか…。
それはアトピーの人の角質層の細胞間脂質の主成分が、普通の皮膚より少ないからです。アトピー肌の人の水分保湿力やバリア機能は、この角質層を主成分とした細胞間脂質が80%、天然保湿成分が18%を占めていて、皮脂はたった2%しかありません。

 

そのため、角質層が欠如してしまうと肌は乾燥しやすく、刺激に弱くなってしまうのです!
低下したバリア機能を通り、お肌の内部へ侵入した異物は、外敵として体内の免疫細胞から攻撃を受けます。この体内からの攻撃によって皮膚炎になり、赤みやかゆみが発生してしまうのです。

 

お肌の水分をキープする保湿剤を使ってケア

 

アトピーの人はとにかく乾燥しやすいので、水分量がすぐ下がってしまいます。そのため、お肌に水分を与えることや保湿が必要です。ちなみに効果的な保湿剤には以下の3タイプあります。
・水分を抱え込んで保湿する
・外気の水分を吸着する保湿剤
・水分をはさみこんで保持する保湿剤

 

自分の肌に合った保湿剤が一番!

 

保湿剤を使う時は、お肌の刺激になってしまう添加物を出来る限り取り除いた保湿クリームやオイルなどを使いましょう。(ワセリンなどありますね。)しかし無添加の保湿剤であれば何でもいいというわけではないので、あくまで自分の肌質に馴染むものを選びましょうね。