アトピー体質の人におすすめの入浴法とは

入浴するのはアトピーのアレルギー反応を抑制するためには大変有効です。
アトピーの人こそ入浴法には気を使わなければなりません。入浴法によってアトピー症状を和らげることができるからです!

 

薬の効果を高めるためにも

 

アトピーケアのためにステロイドを塗る事がありますよね。しかしステロイドの効果は、もしも肌に油分などの汚れが付着していて不清潔だと効き目が薄くなってしまいます。

 

つまりステロイド剤などを塗布する前には、きちんと入浴して油分を落とし、肌を清潔な状態にしてから塗る必要があるのです!
カラスの行水を続けていると油分が残ってしまう原因にもなるので、薬の効果もなかなか出にくくて意味ありません。

 

皮膚を清潔に保つ

 

ステロイドを使用しないにしても、皮膚を常に清潔にキープしておく事はアトピーの人にとって不可欠です。アトピー原因の一つは、皮膚上で黄色ブドウ球菌が増殖する事で起こりますが、入浴をサボるとこの菌が増殖したままになってしまい、症状はどんどん悪化していきます…。

 

正しい入浴法って?

 

アトピーの人が入浴する時、温度設定が非常に大切です。
温度が高すぎると肌への刺激が強すぎてしまいよくありません。かゆみなどの炎症がひどくなってしまうでしょう。理想的なのは「ぬるま湯」です。お湯をわかす時は少し熱めにわかし、水で調節していくとうまくいきます。

 

湯船につかるなら最低10分前後つかると効果的です。お湯の効果では肌が柔らかくなり、汚れが落ちやすくなります。

 

余分な石鹸やシャンプーを使わなくても済むでしょう。

 

また、お湯につかる事でリラックス効果も高まり、自律神経を整えます。
入浴剤も使っていいですが、アトピーの人向けに作られたものを選ぶといいでしょう。