アトピー性皮膚炎とはどんなものなのか?

アトピー性皮膚炎でお悩みの方はきっと多いでしょう。アトピー性皮膚炎とは良くなる事もあれば悪くなる事もあり、かゆみを伴います。

 

アトピー性皮膚炎の特徴って?

 

アトピー性皮膚炎は、もともとアレルギー体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人がなりやすい皮膚炎です。
主な症状には湿疹やかゆみがあり、症状が気にならない事もあれば気になってくることもあり、不安定な状態です。なかなか治らなくて慢性的に続く事もあり、半年以上続くと「慢性」と判断されます。

 

アトピー性皮膚炎の特徴とは何か

 

以下、アトピー性皮膚炎の特徴となります。

 

・ささくれになって皮がむける
・長引くとごわごわにかたくなる
・左右対称にできる事が多い
・赤みがある
・じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる
・口周り、耳周り、目周り、おでこ、首や手足の関節内側に出やすい

 

アレルギーを起こしやすい人は遺伝だった?

 

アトピー性皮膚炎は遺伝によってもなりやすいです。
ご家族にもしもアレルギー体質で花粉症や食物アレルギーを持っている人がいたら、その体質が遺伝になってアレルギーを起こしやすくなる場合もあります。
また、実際に本人がこのような病気を患った時も、アレルギーを引き起こしやすくなります。皮膚は表面の皮膚膜や、その下の角質細胞などがバリアの役割を持っていて、外部物質の侵入や水分蒸発による皮膚の乾燥をしっかり防いでくれます。

 

バリア機能が弱いから刺激に敏感

 

アトピー性皮膚炎の人は、皮膚のバリア機能が弱っているために、外からの刺激物がすぐ皮膚の奥まで侵入しやすい状態になっていて、アレルギーを引き起こしやすいのです。皮膚のバリア機能と言えば、もともとの体質によっても違いますが、皮膚をひっかく・こするといった物理的な刺激や汗、石鹸、化粧品や紫外線によって低下してしまうことがあります。