アトピーには保湿ケア必須!でも何が正しいの?

アトピー性皮膚炎をお持ちなら、正しい保湿ケアが必要だと言われています。
アトピー肌を救ってくれるのは実は保湿ケアです。しかし保湿しすぎもアトピーにはよくありません。それならどんな方法で保湿するのが正しいの?と混乱しているあなた。
アトピー肌になってしまう仕組みを理解していれば、どのような保湿対策をしたらいいのか見えてくるでしょう。
当ページでご説明していきます。

 

どうしてアトピー肌になってしまうの?

 

アトピー性皮膚炎は、本来お肌の表面にあるべきバリアが壊れ、刺激に対して敏感になっているような肌コンディションのことです。
敏感になってしまうので、かゆみや乾燥などを引き起こしやすく、その結果ひび割れて体液がにじみ、ジュクジュクと不安定になってしまいます…。

 

これを健康的なお肌に近づけるために必要なのが、バリア機能を修復してあげることです。
お肌が刺激に強くなれば、様々なトラブルを回避する事ができます!

 

保湿にはヒアルロン酸とセラミドが欠かせなかった?

 

アトピー肌には保湿が重要と言われていますが、保湿といってもやり方や使う保湿用コスメはたくさんありますよね。いったいどれを使ったらいいのでしょうか。
含まれる成分もまちまちですが、アトピー肌にいい成分と言えば、以下の二つの成分です。

 

・ヒアルロン酸
・セラミド

 

なぜなら、これらの成分はお肌のバリア機能をキープしてくれる保湿成分だからです。

 

アトピー肌の人はバリア機能が低下しています。そうなってしまうのは、お肌の内側にこれらの成分が不足している事も原因なので、保湿ケアによって外側からこのような成分を補給してあげることで、アトピー症状を改善することができるのです。

 

保湿用コスメを選ぶ時には、敏感肌用のものを選んでおくと安心です。