アトピーの治療薬には何がある?

アトピー性の皮膚炎と言えばステロイド外用薬を使う方法が思い付くのではないでしょうか。しかしステロイド以外にも「免疫抑制薬」の外用薬を使ってケアしていく方法もあり、選択肢は豊富です。

 

そもそもアトピー性皮膚炎って何?

 

アトピー性皮膚炎とは良くなる事も悪くなる事もあるもので、主な症状としてはかゆみや湿疹が挙げられます。ステロイド外用薬を用いることが多く、その効果はレベル別になっています。

 

ステロイドでアトピー症状が抑えられる

 

アトピー症状を和らげてくれるものと言えばやはり薬ですよね。アトピー性皮膚炎の炎症を抑える薬物療法には、科学的に有効性が確認されているステロイドなどの塗り薬を使用する場合が多いです。
しかしステロイド外用薬を使う事に抵抗を感じる患者さんもいます。そもそも不安があるのは、ステロイド剤を正しく使っていないことが挙げられます。

 

ステロイドを使っていて皮膚が黒くなる、厚くなる事があるのは、症状に合わせた強さの外用薬を使っていないか、必要量を十分に塗っていないことが原因として挙げられます。

 

薬を正しく使おう

 

ステロイドを安全にアトピー対策に使っていくためにも、使い方のコツとして、はじめに必要量をたっぷり使い、ゆっくり減らしていくやり方がおすすめです。

 

塗る回数や期間、塗り方は医師の指示通りに使っていかなければいけません。適切に使っていけば、ほとんどのアトピー性皮膚炎の症状は克服できるはずです。
薬は症状の強さや塗る場所によっても使い分けていくのです。正しく使っていけば高い治療効果が上がり、副作用の心配もないでしょう。

 

終わりに…

 

いかがでしたか。
アトピー患者によく処方されるステロイドですが、使用感が気にいらなくてあまり良い印象を持たない人がいます。しかし適切に使っていれば効果がしっかりと現れるはずです。