アトピーは先進国に多い!その理由とは?

アトピーは「現代病」とも呼ばれるほど多くの人がかかっている皮膚炎で、日本でも発症する人が増えてきています。

 

アトピー体質の人が増えてきているのは先進国が多いです。入浴する習慣のない国、や食べ物に困っている国では意外にもアトピーの人や動物が少ないです。
アトピーになってしまう原因は「生活習慣」にもあります。それはどんなものなのか、ご説明していきましょう。

 

豊かで便利すぎる生活がアトピーを生む?

 

アトピーの多い先進国に共通している事といえば、豊かで便利な生活です。いくつか例を挙げてみましょう。
・体調不良であればすぐ薬に頼ろうとする
・一日三食好きなものが食べられる
・インスタント食品がいつでも食べられる
・夜遅くに寝る
・運動しなくても好きな食事が食べられる

 

このような恵まれた生活が送れるのは、先進国ならではです。しかしながらこれによって、私たちは「自然」から切り離されてしまうことになります。

 

やめることで改善できることもある?

 

アトピーは、「やめること」によって改善することも可能です。それでは、アトピーにならない生活とはどのようなものなのでしょうか?
普段の生活にヒントが隠されていました。

 

一つ具体例をご紹介してみると、アトピーを改善すると言われている食事には、
・ローフード
・マクロビオティック
・玄米
などがあります。

 

まずは全部試してみて、自分に適したものをチョイスできればいいですが、探すのにお金も時間もかかってしまいますよね…。

 

しかしながらこれらの厳しい食事制限はアトピーをひどくさせてしまうことになります…。
必要以上に食事制限しない方がいいのです。確かにアレルギー食品は制限する必要がありますが、やはり食事はバランス良くとった方がいいのです。