アトピーは漢方で緩和するってホント?

アトピーのかゆみを抑えるためにも漢方薬を使う場合があります。漢方薬とは自然の草木からとれた生薬を組み合わせて作られたものです。温清飲には血流を良くしてくれるものがあり、保湿作用や熱を冷ましてくれます。これらが一緒に働くことによって、よりよい効果が期待できるのです!
病院では煎じる必要のない乾燥エキス剤を使うのが一般的です。

 

漢方にはどんなものがあるの?

 

漢方の種類はとても豊富です。以下のような種類の漢方があります。参考にしてみてください。

 

オウバク
センキュウ
オウゴン
オウレン
サンシシ
シャクヤク
トウキ
ジオウ

 

漢方のアトピー効果と言えば、かゆみや乾燥を抑えてくれるところです。漢方は塗り薬のように外側から治すのではなく内側から治すのに適しています。
アトピーを治すには、患っていた年数の半分くらいの時間がかかると言われています。より効果を高めるためにも、西洋医学と漢方をミックスさせるのもいいでしょう。

 

漢方ってまずいの?

 

漢方は乾燥対策にもなりますがまずいという噂もありますよね…。漢方は何となく飲みにくそうなイメージがしてしまうものです。お湯で溶かした場合は苦いですが、決してまずいわけではありません。緑茶で溶かすとおいしい苦さになるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

漢方を飲んでみた味の感想は人それぞれですが、緑茶にとかして飲むのもおすすめです。抹茶が好きな方でしたらおいしいと感じられるでしょう。

 

漢方はいつ飲むと効果的?

 

漢方はお風呂に入る30分前くらいに飲むと特に効果的です。これは風呂上がりにお肌が乾燥する人向けの方法です。
温清飲にはお肌の乾燥を抑えてくれる効能があります。お風呂に入る30分くらい前に温清飲飲んでおく事で、効果が発揮されるでしょう。
ただし漢方は体温を下げてしまうので水風呂後はあまりすすめられません。